内閣官房 インターネット上の違法・有害情報対策
内閣官房 IT戦略本部 サイトマップ 携帯サイト
ホーム > 違法・有害情報に対する政府等の取組 : 情報モラル教育の推進


違法・有害情報から子どもを守るにはどうしたらよいか知りたい
違法・有害情報に関するQ&Aが見たい
違法・有害情報に関する通報・相談について知りたい


違法・有害情報に対する対策の枠組について知りたい
政府・関係機関の取組について知りたい
フィルタリングの導入促進
相談窓口などの体制整備
情報モラル教育の推進
個別の問題への対処
会議報告・ガイドラインなど
違法・有害情報に関する現状や関係法令について知りたい
その他参考となるサイトを調べたい

 

違法・有害情報に対する政府等の取組

「情報モラル教育の推進」

普及啓発活動の実施

現行学習指導要領について

 小中学校の学習指導要領においては、各教科等における指導の中で「情報モラルを身に付ける」を明記するとともに、道徳において「情報モラルの指導に留意すること」を新たに明記するなど、情報モラル教育の充実を図ることとしています。
 参考 : 現行学習指導要領のページ

サイバーセキュリティに関する講習の実施について

 全国の都道府県警察では、情報セキュリティに関する国民の知識及び意識の向上を図るため、警察やプロバイダ連絡協議会が主催する研究会、学校関係者等からの依頼による講演会、地域の各種セミナー、情報通信技術関連イベント等の機会を活用してサイバー犯罪の現状、対策等の周知を図っています。

「e-ネットキャラバン」の実施について

 社団法人電気通信事業者協会、社団法人テレコムサービス協会、社団法人日本インターネットプロバイダー協会、社団法人日本ケーブルテレビ連盟、財団法人インターネット協会、財団法人マルチメディア振興センター、総務省及び文部科学省はe−ネットキャラバン運営協議会を結成し、主に保護者及び教職員向けにインターネットの安心・安全利用に向けた啓発を行うガイダンスのキャラバンを1年間に1,000講座を目標に実施します。

「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」について

 ヤフー株式会社とネットスター株式会社は共同で、家庭や学校でどのようにリスク(防犯)教育を進めていくべきか、また、子どもたちが利用する可能性があるサービスがどのようにあるべきかなど、広く次世代を担う子どもたちのインターネット利用を促進するための諸施策について考察し、具体的な形で取組みを提唱する研究会を設立しています。

↑ このページのトップへ

 

広報資料等

青少年を取り巻く有害環境対策に向けて(普及啓発資料:ちょっと待って!シリーズ)

 はじめて携帯電話を所持する子どもの保護者を対象として、携帯電話を渡す前に親子で話し合い、携帯電話を使う必要性と責任を子ども自身に自覚させるため、どのような機能が必要なのかチェックシートで描くとともに、家庭でのオリジナルのルールを作成・掲示可能なリーフレットを作成しました。

青少年インターネット環境整備法周知のためのリーフレットについて

 青少年インターネット環境整備法の施行(平成21年4月1日)に向け、法の周知及びフィルタリング普及のためのリーフレットを作成しました。

「情報モラルポータルサイト−やってみよう情報モラル教育−」について

 学校における情報モラル教育の一層の充実を図るため、情報モラル指導実践事例などを紹介する教員向けWEBサイトを作成し、全国の教員が閲覧し活用できるよう、インターネット上に公開するとともに、本ポータルサイトの普及啓発用リーフレットを作成し、配付しています。

「ICTメディアリテラシー育成プログラム」の公開について

 ICTメディアの健全な利用を図り、子どもが安全に安心してインターネットや携帯電話等を利活用できるようにするために開発した指導マニュアルや教材(ICTメディアリテラシー育成プログラム)を公開しています。

↑ このページのトップへ

 

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室
利用規約
内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室() 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3−3−1 TEL.03-5253-2111(代表)
Copyright (C) Cabinet Secretariat, Information Technology Policy Office.