内閣官房 インターネット上の違法・有害情報対策
内閣官房 IT戦略本部 サイトマップ 携帯サイト
ホーム > 違法・有害情報に対する政府等の取組 : 個別の問題への対処


違法・有害情報から子どもを守るにはどうしたらよいか知りたい
違法・有害情報に関するQ&Aが見たい
違法・有害情報に関する通報・相談について知りたい


違法・有害情報に対する対策の枠組について知りたい
政府・関係機関の取組について知りたい
フィルタリングの導入促進
相談窓口などの体制整備
情報モラル教育の推進
個別の問題への対処
会議報告・ガイドラインなど
違法・有害情報に関する現状や関係法令について知りたい
その他参考となるサイトを調べたい

 

違法・有害情報に対する政府等の取組

「個別の問題への対処」

著作権法の一部改正(違法ダウンロードの刑事罰化)について

 平成24年10月1日より、違法なインターネット配信から、販売又は有料配信されている音楽や映像を、自らその事実を知りながら「違法ダウンロード」(録音・録画)する行為が、刑罰の対象となりました。
 詳しくは、文化庁のサイト政府広報オンラインでご覧いただけます。

有害情報意識啓発DVD「ちょっと待って、ケータイ」について

 文部科学省では、携帯電話等を介してインターネット上に氾濫している有害情報がどのようなものか、それが子ども達にとっていかに危険であるかの意識啓発を促す資料として有害情報意識啓発DVD「ちょっと待って、ケータイ」の【子ども向け】及び【保護者向け】を作成しました。

「児童生徒が利用する携帯電話等をめぐる問題への取組の徹底について(通知)」(H20.7)

 児童生徒が利用する携帯電話をめぐる問題について、携帯電話の利用の実態把握や、学校における携帯電話の取扱いに関して学校や地域の実態に応じて方針を明確化し、「ネット上のいじめ」に関する取組の徹底等について、「児童生徒が利用する携帯電話等をめぐる問題への取組の徹底について(通知)」を発出しました。(平成20年7月25日)

「ネット上のいじめ」から子どもたちを守るために−見直そう!ケータイ・ネットの利用のあり方を−(H20.6)

 「子どもを守り育てる体制づくりのための有識者会議」では、「ネット上のいじめ」から子どもたちを守るため、(1)理解促進・実態の把握、(2)情報モラル教育の充実、(3)未然防止・早期発見・早期対応、(4)いじめられた子ども等へのケアについて、家庭・行政・学校・関連企業がそれぞれ行うべき具体的な対応について提言しました。

「出会い系サイトにかかる犯罪予防ホームページ」の開設について

 出会い系サイトに関連した事件の多発等の諸情勢にかんがみ、出会い系サイトに関連した犯罪による被害防止を推進するため、児童、保護者、一般成人、出会い系サイト事業者それぞれの対象ごとに、出会い系サイト利用にかかる犯罪防止のための情報を集約した「出会い系サイトにかかる犯罪予防ホームページ」を開設しております。

国際私法(法例)の現代化

 国際的な法律問題について、どの国の法を準拠法として適用するか等を定めた「法例」の全部を改正する「法の適用に関する通則法」が制定され、平成19年1月1日から施行されました。これまでは、国際的な契約について当事者が準拠法を選択しなかった場合、契約をした地の法律が適用されるとされてきましたが、インターネットを通じた取引等の場合には契約をした地が不明確であるなどの問題がありました。本改正においては、国際的な契約において当事者が準拠法を選択しなかった場合には契約に密接に関係する法律が適用されることとなり(同法第8条1項)、法適用関係が明確になるほか、消費者がインターネットを通じて商品を購入したような場合には消費者が自らの常居住地国の特定の強行法の適用を主張することができるようにすることとされています(同法第11条)。

「フィッシング対策協議会」の設立(H17.4)

 フィッシング対策協議会は、海外、特に米国を中心として大きな被害を生んでいるフィッシング詐欺に関する事例情報、技術情報の収集及び提供を中心に行うことで、日本国内におけるフィッシング詐欺被害の抑制を目的として活動しております。

迷惑メール追放支援プロジェクト(H17.1.27)

 平成17年2月から総務省と経済産業省とが協力して、「迷惑メール追放支援プロジェクト」を開始しています。
 両省において、自ら設置したモニター機で受信した迷惑メール(受信者の同意を得ていない営利目的の広告・宣伝メール)の違法性を確認し、当該メールに関する情報を送信元プロバイダに通知することなどにより、迷惑メール送信回線の利用停止措置等の円滑な実施を促進しています。

インターネット上の名誉毀損・プライバシー侵害等対策

 法務省の人権擁護機関では、ホームページや掲示板上で、名誉毀損やプライバシー侵害の被害を受けたとの申告を受けた場合には、プロバイダ等への削除依頼の方法等を助言するほか、調査の結果、名誉毀損やプライバシー侵害による被害が生じており、個人で被害の回復が困難な事情があると認められる場合には、プロバイダ等に問題の情報の削除を要請するなどの対応をしています。

消費者向け電子商取引における表示についての景品表示法上の問題点と留意事項(H15.8.29)(pdf)

消費者向け電子商取引(BtoC取引)における表示について景品表示法上の問題点を整理し、事業者に求められる表示上の留意点を公表しています。

 

↑ このページのトップへ

 

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室
利用規約
内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室() 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3−3−1 TEL.03-5253-2111(代表)
Copyright (C) Cabinet Secretariat, Information Technology Policy Office.